新しい家族

8月のある日、外でネコの泣き叫ぶ声が聞こえるので、妻が外に見に行ったところ、生まれて間もない子ネコが捨てられているのを見つけ保護しました。どうやら家の近所にいる親ネコ(のら)が「育児放棄」してしまったようでした。わたしたちは元々ネコは好きだったのですが、時折泊りで出張することもあって世話ができないので、それまで家ではまったく飼うつもりはなかったのです。最初は、「やむを得ず」ということで飼い始めましたが、外泊するときは教会員でネコ好きの人にお世話を頼むことができ、なんとか家で飼い続けることができるようになりました。今では大切な家族の一員となっています。名前は「とらじろう」、男の子です。どうぞお見知りおきください。


このブログの人気の投稿

パイプオルガン

少々悩みました

日曜学校